避妊薬の画像

避妊薬なんて使ったことないという方も少なくないでしょう。避妊薬はほぼ確実に避妊ができる優れものです。しかし!それは正しく使用すればの話、間違った使用方法ではもちろん効果は薄れてしまいます。大人なら、使いこなそう、避妊薬。

普及している経口避妊薬の休薬期間について

現在普及している避妊薬は、低用量ピルとよばれる経口タイプのもので、毎日1錠をできるだけ決まった時間帯に飲むことによって、たしかな避妊の効果が発揮されるというものです。
以前のような高用量ピルとは違って、卵胞ホルモンの含有量も少ないタイプであるため、吐き気、頭痛、下腹部痛といった、典型的な経口避妊薬の副作用というものも緩和されています。
現在のものでもこうした副作用を女性が訴えるケースはないわけではありませんが、たいていは飲み始めてから数日から数週間といった、体が外から入ってきたホルモンに慣れようとしている期間に限るもので、ある程度飲み続けていれば、自然と副作用の症状もおさまることが多いといえます。
このような普及している経口避妊薬には、同じ銘柄であったとしても、21錠入りのものと、28錠入りのものの、両方のタイプがみられます。
この違いについてですが、28錠入りのものについては、女性の生理周期とおおむね同じ日数分だけが梱包されていますので、そのまま毎日1錠ずつのペースで飲めばよいものですが、21錠入りのものについては、途中に休薬期間をはさむという特徴があります。
この休薬期間については、21錠を飲みきったあとで、次の薬のシートに移るまで、7日間はピルを飲まないという期間のことを指しています。
効果そのものは休薬期間中も続きますので安心ですが、休薬期間が終わったあと、ただちに次のシートのピルをまた21日続けて飲まないと、効果は消えてしまいますので注意が必要です。
実は28錠入りのものについても、最後の7錠は有効成分がなにも入っていないプラセボ錠とよばれるもので、飲み忘れを防ぐためにあえて梱包されているのです。