避妊薬の画像

避妊薬なんて使ったことないという方も少なくないでしょう。避妊薬はほぼ確実に避妊ができる優れものです。しかし!それは正しく使用すればの話、間違った使用方法ではもちろん効果は薄れてしまいます。大人なら、使いこなそう、避妊薬。

避妊薬のアンジュやモーニングアフターピルは婦人科で

望まない妊娠は中絶などの悲しい結果を招くことにもなるので、まだ妊娠を考えていないという女性は避妊薬を使用して、自分でコントロールすることが大切です。
避妊薬にはアンジュなどの種類があり、婦人科や産婦人科、レディースクリニックといった医療機関で処方してもらうことが出来ます。
アンジュは低用量ピルという種類の経口避妊薬で、有効成分はレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールです。
レボノルゲストレルは黄体ホルモン薬でエチニルエストラジオールは卵胞ホルモン薬となり、どちらも卵巣で作られる女性ホルモンとほぼ同じ構造なので、身体に対して安全なのが特徴です。
アンジュなどの低用量ピルは、これらの女性ホルモンの成分を服用することによって脳が排卵を促す指令を出さなくなり、排卵が停止されるので避妊が可能になるという仕組みになっています。
ピルに関する噂では飲んでいると将来妊娠出来なくなるとか、排卵出来なくなるといったものがありますが、これらは嘘です。
アンジュなどの低用量ピルは服用をやめるとまた元通りに排卵することが出来ますし、ピルの服用経験がある方が不妊症になりにくいともされています。
その他にも、低用量ピルは服用していると生理痛が軽くなったり、ニキビが改善されたり、子宮体癌、卵巣癌などの予防効果が得られるなどの副効用があると言われている、女性にとって嬉しい薬なので、生理痛に悩んでいる人なども婦人科などで相談してピルの処方をしてもらいましょう。
さて、モーニングアフターピルは、避妊薬の中でも緊急避妊薬と呼ばれる種類のものです。
妊娠を望んでいないカップルでも、コンドームが破れてしまったなどで避妊に失敗する場合があるものです。
そんな事があった後に飲むことで避妊が出来るのがモーニングアフターピルで、婦人科や産婦人科で扱っているので、避妊に失敗したら72時間以内に受診してこの薬を処方してもらうのがおすすめです。