避妊薬の画像

避妊薬なんて使ったことないという方も少なくないでしょう。避妊薬はほぼ確実に避妊ができる優れものです。しかし!それは正しく使用すればの話、間違った使用方法ではもちろん効果は薄れてしまいます。大人なら、使いこなそう、避妊薬。

避妊薬を入手して更年期障害の症状緩和をはかる利点

更年期障害に苦しめられている女性は世の中に大勢いますが、ほとんどの人が避妊薬を入手して更年期障害の対策をしようとは考えないでしょう。閉経後に起こる更年期障害と望まぬ妊娠をしないための薬には、何一つ共通点がないと考えている人が大半です。
しかし実のところこの二つの事柄には、エストロゲンと呼ばれる成分が密接に関係しています。
女性の更年期障害はエストロゲンが閉経と共に急激に減ってしまうことで起こる症状ですし、エストロゲンが配合されている避妊薬には通常の排卵リズムを早めて妊娠を予防する効果が見込めます。つまり用途こそ違いますが、どちらもエストロゲンが重大な役割を果たしている点は同じなのです。
日本では避妊薬は妊娠予防にのみ使用する風潮が強いので更年期障害のケアに利用する率はとても低いですが、海外に目をやればエストロゲンの補充療法として避妊薬を使用している例は珍しくありません。
ただ基本的に本来の更年期障害の症状緩和で行われる治療よりも、避妊薬で得られる効果は低い傾向があります。
そのため深刻な症状に対する治療には不向きな面もありますが、やり方次第で症状を和らげることは十分に可能です。
例えばまだ月経が続いている40代以降の場合、避妊とエストロゲン補給の両面で避妊薬は役立ちます。
40代はまだホルモン補充治療を受けるよりも避妊薬を入手するほうが恥ずかしさも少ない年齢ですが、人によっては更年期障害に近い症状が出始める頃でもあります。そんな人は閉経後に更に女性ホルモンが減ると症状がひどくなるケースがあるので、身体の不調を感じ出した頃からエストロゲンを補給しておきましょう。
そうしておけば体内のエストロゲンは緩やかに減っていくので、閉経後の症状も軽度で済む可能性が高くなります。