避妊薬をマスターせよ

避妊薬の画像

避妊薬なんて使ったことないという方も少なくないでしょう。避妊薬はほぼ確実に避妊ができる優れものです。しかし!それは正しく使用すればの話、間違った使用方法ではもちろん効果は薄れてしまいます。大人なら、使いこなそう、避妊薬。

避妊薬の正しい使い方と誤った使い方

高い避妊効果があるとしておすすめなのが低用量ピルです。低用量ピルは経口避妊薬の一種で、女性ホルモンが含まれており卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類のホルモンによって排卵を制御して避妊を行なう薬になります。
ホルモンが脳下垂体に働きかけることで、排卵を制御するほか、受精卵を着床させないために子宮内膜を変化し、精子を入り難くさせるために子宮頚管の粘膜を変化させる作用があります。経口避妊薬であるピルは二種類あり、21錠入りと28錠入りのものが販売されています。21錠タイプの物は1錠ずつ21日間毎日1錠ずつ服用していき、7日間休んでからまた服用を開始します。28錠タイプは休みを入れずに毎日服用していくタイプになります。毎日飲むことで飲み忘れを防ぐ効果があります。正しい使い方としては、毎日できるだけ同じ時間に1錠飲んでいくだけです。毎日同じ時間に携帯電話のアラームがなるように設定しておき、アラームが鳴ったら飲むというように習慣づけることがおすすめです。飲み忘れたという場合には、1錠だけなら気がついた時点で飲めば通常通り避妊効果は持続します。1日に2錠飲んでも問題ないとされており、2錠以上忘れた場合には服用をいったん中止して、生理が起こった時からまた再スタートしていきます。誤った使い方として多いのが、3相の徐々にホルモン量が増えていくように配合されたものを間違って順番通りに飲めなかったというケースです。このような場合、避妊効果には問題がないと考えられています。しかし、2錠飲んでしまった場合は、不正出血がまれに見られるとされています。この場合は休薬期間に入るのを薬に合わせて一日早くし、そのまま7日間休薬して次のシートに移行します。

避妊薬の種類について

男性と女性がこの世の中にいる限り、やはり性交渉というのはあるものです。昔は子供ができたり産むという選択しかないような時代もありました。しかし、今は妊娠なども調整をすることができるようになっています。妊娠や出産のタイミングが合わなかったり、望まない妊娠をしないようにするためにも、避妊をしっかりとする必要があるのです。避妊方法としては、錠剤の経口避妊薬を服用する方法や男性が性器につけるコンドームがあったり、手術をしたりすることや器具を挿入するなど、多様化しているので、しっかりと知識を身に付けて対応していくようにするといいでしょう。特に最近では、女性が服用する経口避妊薬であるピルが浸透してきました。これも女性が自分でできる避妊方法として、人気が出てきたためなのです。避妊薬の種類としては、低用量ピルや中用量ピルがあります。低用量ピルというのは、毎日服用することでホルモンバランスを整えることができて、女性の排卵を抑えることができるというものです。排卵を抑えることで、精子と卵子が受精することもないので、妊娠の可能性がなくなるのです。28日間で生理周期を固定できるので、生理不順や生理痛や歯印欄痛の緩和などに効果があるのです。中用量ピルというのは、強めのホルモン剤であって、性交渉の後に72時間以内に服用することで、もしも体内に受精卵があったとしても、子宮の内膜に着床することを防ぐので、妊娠をしないという仕組みになっているのです。これはアフターピル、モーニングピルともいわれるものであって、望まない性交渉や避妊の失敗の際などに服用するといいといわれます。いずれの避妊薬にしても、産婦人科などを受診して処方してもらったりできますし、海外からの個人輸入によって入手が可能であったりするのです。

◆低用量ピルは市販では手に入らない避妊薬です
ピルを知ろう

避妊薬って副作用はあるの?

ピルという避妊薬が人気があります。最近では仕事が忙しいという方も多く、そういった状態で結婚をしたり、恋愛をしてしまうと、時間が無くて子供の世話をする事が出来ないという方も多いです。忙しい状態で子供を産んでもトラブルが発生する可能性が高い為、これは仕方が無い点です。しかし、避妊薬を飲んでおく事で一時的に子供を作らない体にする事が出来るので、快適に生活出来ます。しかし、やはりこういった薬は副作用が出るのではないかと心配をする方も多いです。以前までは実際に副作用が出ている方も居ましたが、最近では副作用が殆ど出ないような物も販売されているので、安心して利用する事が出来るようになっています。副作用が無ければちゃんと使うタイミングを間違えなければ、体に異常が発生するような事も無くなる為、安心して生活が出来ます。しかし、副作用が必ず出ないという訳では無く、体調によっては出てしまう場合もあります。基本的には体調が悪い時や商品に含まれている成分と体の相性が悪かった時に体調を崩してしまう可能性があります。特に気をつけた置きたいのがタバコです。タバコを吸っている方が避妊薬を使用すると血栓症や心筋梗塞と言った命に関わるような恐ろしい病気にかかる可能性が高くなります。避妊薬を飲んですぐに病気にかかるという訳ではありませんが、それでも病気にかかる可能性が高まるというのは、快適に生活をしていく事を考えると非常に危険です。副作用は一度出てしまうとどうにもならないので、タバコを吸っている方や体調に何らかの問題がある場合は、先にお医者さんに相談をしてからピルを使用して良いのか決めるようにして、失敗をしないようにしましょう。

◆避妊薬にも種類がありますので、見てみましょう
避妊薬のいろいろ